SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

TEAM GERMANY BLOG!

ドイツの体操競技に関するニュース紹介&雑感を書きつづっていきます。
<< ニューエンは東京で6位 | main | ドイツ勢2人が鉄棒決勝へ >>
アントワープ世界選手権・ドイツ選手のみどころ
DTBサイトに簡単な記事があったので訳してみました。

元記事はこちら↓
http://www.dtb-online.de/portal/news/detailansicht/article/die-erwartungen-des-wm-teams.html

世界選手権チームへの期待

ベルギーのアントワープで行われる個人種目の世界選手権(9月29日から10月6日まで)で、
ドイツの女子・男子体操選手は世界のトップ選手と争うことになる。ここでは手短に選手達のチャンスや期待についての展望を挙げる。

ドイツ代表男子コーチ アンドレアス・ヒルシュ (Andreas Hirsch)
「選手達は来年に向けての重要な経験を積み、世界の競争相手に向けて主張することになるでしょう。そこにはトレーニングからの結果を試合でも継続的に出すという目的があります。」

ファビアン・ハンビューヘン (Fabian Hambüchen)
ベルリンでの世界選手権予選では鉄棒で新しい壮大な離れ技を見せた。これで優勝候補に挙げられるオランダのゾンダーランドにプレッシャーをかけることができるか?
    
クリストファー・ユルシュ (Christopher Jursch)
ドイツの鉄棒チャンピオンは初めての世界選手権出場資格を得た。平行棒、あん馬、そしてもちろん鉄棒にも出場する。何よりも経験を得る事になるだろう。

アンドレアス・トバ (Andreas Toba)
ドイツ個人総合2番手の彼はアントワープではあん馬とつり輪、跳馬のみに出場する。ハノーヴァー出身の彼は決勝に進出するだろうか?

アンドレアス・ブレットシュナイダー (Andreas Bretschneider)
「ブレッティ」は今年コトブス国際大会で上位に絡み、鉄棒で優勝した。ケムニッツ出身の彼にとって、ベルギーでは何があるだろうか?
    
マティアス・ファーリッヒ (Matthias Fahrig)
ハレ出身の彼は非常に力強い床の演技で、きれいにやり遂げれば決勝に進めるだろう。跳馬では手強いライバルと戦う。

トーマス・タラヌ (Thomas Taranu)
既に世界選手権は3度目。既に団体競技で2度出場し、そのうちの1回は銅メダルを獲得している。今回は床とつり輪で個人出場する。


ドイツ代表女子コーチ ウーラ・コッホ (Ulla Koch)

「エリー・ザイツは非常に有望なチャンスがあります。ゾフィー・シェダーもやはり平行棒で
決勝の結果を出す事に期待しています。アキョルとシェファーは国際試合の経験を積んで、2016年のリオ五輪では重要な選手となるでしょう。」
    
エリザベート・ザイツ (Elisabeth Seitz)
ドイツ女子チームのトップスター。個人総合に出場する。卒業試験(日本でいう受験に相当)と軽症の怪我の後で好調とは言い切れないが、それとも?

ゾフィー・シェダー (Sophie Scheder)
ドイツ選手個人総合の2番手で、エリー・ザイツ同様段違い平行棒のスペシャリスト。この種目での第二の決勝進出有望選手。

カーラ・アキョル (Cagla Akyol)    
世界選手権初出場。春の欧州選手権では、シニア選手として全く初めてのスタートを切った。
予選で良い結果を出して経験を積みたいところ。

パウリーネ・シェファー (Pauline Schäfer)
アキョル同様、初めて世界選手権に起用された。まずは大舞台での経験を積むことになる。    

       
| - | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://teamgermany-blog.kat-2.com/trackback/969392